文法の原理  中

イェスペルセン 著 ; 安藤貞雄 訳

イェスペルセンは、言語学の領域が産んだ、もっとも洞察力のある、独創的な思索家の一人であったばかりではなく、もっともおもしろい著作者の一人であるから、『文法の原理』を読むのは喜びである-J.D.マコーレー。本巻には第十章から第十八章を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ネクサス実詞(ネクサス論の結び)
  • 主語と述語
  • 目的語、能動と受動
  • 人称
  • 自然的性と文法的性
  • 比較変化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文法の原理
著作者等 Jespersen, Otto
半田 一郎
安藤 貞雄
イェスペルセン
書名ヨミ ブンポウ ノ ゲンリ
書名別名 The philosophy of grammar

Bunpo no genri
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2006.6
ページ数 397p
大きさ 15cm
ISBN 4003365747
NCID BN05629079
BA76740664
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21061465
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想