小林多喜二全集  第9巻

新日本文学会 編

[目次]

  • 目次
  • 「組織活動」と「創作方法」の辯證法 一九三二年一月 / 3
  • 我々の文章は簡單に適確に 一九三二年二月 / 6
  • 「一九二八年三月十五日」の經驗 一九三二年二月 / 11
  • 戰爭と文學 一九三二年二月 / 15
  • 「文學の黨派性」確立のために 一九三二年三月 / 23
  • 文藝時評(一) 一九三二年四月 / 38
  • 一 辯證法の無慈悲
  • 二 社會フアシストの役割
  • 三 政治の指導的任務
  • 「國際プロレタリア文化聯盟」結成についての緊急提案 一九三二年四月 / 47
  • プロレタリア文學運動の當面の諸情勢及びその「立ち遲れ」克服のために 一九三二年五月發表 / 51
  • 文藝時評(二) 一九三二年六月發表 / 110
  • 一 一聯の歪曲について
  • 二 「犬」になり下がつたもの等
  • 三 「新心理主義派」と「新社會派」
  • 四 それぞれの反動的ふん裝
  • 五 「監房細胞」の作者その他
  • 日和見主義の新しき危險性 一九三二年八月發表 / 134
  • 鬪爭の「全面的」展開の問題に寄せて 一九三二年八月 / 161
  • 二つの問題について 一九三二年十月發表 / 185
  • 右翼的偏向の諸問題 一九三二年一月 / 200
  • 一 二つの戰線における鬪爭
  • 二 同志淡德三郞の見解の批判
  • 三 同志林房雄の「作家のために」「作家として」それに對する同志龜井勝一郞の批判の批判
  • 四 「ハイネ・詩人・革命家」および「夜明け前」に對する同志林の理解について
  • 五 同志林房雄の「靑年」について
  • 六 所謂プロレタリア大衆文學論の批判
  • 七 同志林房雄の「靑い寢室」に對する批判
  • 八 更に二三の問題について-
  • 結び 新しき任務のために
  • 右翼的偏向の諸問題 一九三三年二月 / 286
  • 同志林房雄の「文藝時評」について
  • 一二の同志の調停主義的見地の批判
  • 右翼的偏向の發生の「根據」とその「危險」
  • 結語
  • 第五回大會を前にして 一九三二年三月 / 305
  • 暴壓の意義及びそれに對する逆襲を我々は如何に組織すべきか 一九三二年五月 / 315
  • 「政治的明確性」の把握の問題に寄せて 一九三二年六月 / 336
  • 八月一日に準備せよ! 一九三二年七月 / 366
  • 解題 / 391
  • 口繪 デスマスク
  • 口繪「プロレタリア文化」虐殺抗議特集號

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 小林多喜二全集
著作者等 小林 多喜二
新日本文学会
書名ヨミ コバヤシ タキジ ゼンシュウ
巻冊次 第9巻
出版元 新日本文学会
刊行年月 1949
ページ数 416p 図版
大きさ 19cm
NCID BN14902791
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56015376
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
1: 兄 小林 多喜二
2: 残されるもの 小林 多喜二
3: 蟹工船 小林 多喜二
4: 工場細胞 小林 多喜二
5: 救援ニュースNo.18附録 小林 多喜二
6: 転形機の人々 小林 多喜二
7: 沼尻村 小林 多喜二
「市民のために!」 小林 多喜二
ある改札係 小林 多喜二
その出発を出発した女 小林 多喜二
オルグ 小林 多喜二
テガミ 小林 多喜二
プロレタリアの修身 小林 多喜二
ロクの恋物語 小林 多喜二
一九二八年三月十五日 小林 多喜二
七月二十六日の経験 小林 多喜二
万歳々々 小林 多喜二
不在地主 小林 多喜二
争われない事実 小林 多喜二
人を殺す犬 小林 多喜二
小林 多喜二
党生活者 小林 多喜二
同志田口の感傷 小林 多喜二
地区の人々 小林 多喜二
壁にはられた写真 小林 多喜二
失業貨車 小林 多喜二
女囚徒 小林 多喜二
安子 小林 多喜二
山本巡査 小林 多喜二
師走 小林 多喜二
或る役割 小林 多喜二
暴風警戒報 小林 多喜二
最後のもの 小林 多喜二
東倶知安行 小林 多喜二
母たち 小林 多喜二
滝子其他 小林 多喜二
父の危篤 小林 多喜二
父帰る 小林 多喜二
独房 小林 多喜二
田口の「姉との記憶」 小林 多喜二
小林 多喜二
監獄部屋 小林 多喜二
継祖母のこと 小林 多喜二
薮入 小林 多喜二
防雪林 小林 多喜二
雪の夜 小林 多喜二
飴玉闘争 小林 多喜二
駄菓子屋 小林 多喜二
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想