減価償却法研究

沼田嘉穂 著

[目次]

  • 減價償却法硏究
  • 目次
  • 第一章 序說 / 1
  • 會計に現れた費用計算 / 1
  • 費用計算に於ける償却費計算の本質的特徵 / 5
  • 減價償却計算の方法 / 9
  • 費用計算の目的と減價償却方法 / 14
  • 第二章 直線法 / 19
  • その內容 / 19
  • 直線法の特徵 / 20
  • その利用される理由 / 21
  • 第三章 遞減法(定率法・定額遞減法) / 23
  • 償却方としての遞減法 / 23
  • 遞減法償却の從來の學說と其の根據 / 24
  • 遞減法償却の種々の計算方法 / 25
  • 幾何級數法 / 26
  • 耐用命數及殘價に現れたる幾何級數法の特徵 / 27
  • 幾何級數法に於ける遞減性緩和の從來の學說 / 31
  • 任意幾何級數法 / 33
  • 幾何級數償却の遞減率緩和に關する其他の試み / 38
  • 算術級數法 / 39
  • 算術級數と幾何級數法 / 40
  • 任意算術級數法 / 41
  • 遞減法償却に關する反對論、リーク敎授の學說 / 42
  • リークの例を任意定率法を以て行ふ / 47
  • 幾何級數償却法に關する主張論 / 50
  • 動的會計と定率法 / 51
  • シユマーレンバツハの說 / 52
  • リユプケの實證計算 / 60
  • シユマーレンバツハの結論 / 64
  • 彼の說の批判 / 65
  • 此の方法に關する從來の學說と謬見 / 67
  • その妥當性 / 70
  • 遞減法償却の正當なる理由に就て / 71
  • 第四章 複利法(減債基金法・年金法) / 77
  • 問題の內容 / 77
  • 年金法と減債基金法 / 79
  • 複利法償却が適當なる資產 / 86
  • 複利償却が不合理な理由 / 90
  • 複利法と償却資產の中間價格との關係 / 93
  • 複利法償却に關するリーク敎授の結論 / 102
  • 結尾 / 104
  • 第五章 比例法(出來高法) / 114
  • その內容 / 114
  • 用役性の消耗 / 115
  • 比例法が割合行はれざる理由 / 117
  • 比例法の妥當性とその適用 / 119
  • 第六章 利潤を基礎とする償却方法 / 123
  • 從來の學說 / 123
  • 極端な場合を豫想し得る二企業の例 / 125
  • 企業の利潤と固定資產の收益 / 128
  • 此の償却方法の合理性と困難性 / 130
  • 資產の時價計算としての此の償却方法 / 133
  • 出來高償却は一種の利潤に基く償却計算である / 134
  • 眞の意味の利潤を基礎とする償却とは何か / 136
  • 期間計算の本質と企業利潤 / 137
  • 結尾 / 142
  • 第七章 單位原價法(ニユツト・コスト・メソウド) / 145
  • 其の性質 / 145
  • 單位原價法の根據とその計算方法 / 146
  • 單位原價法の利用性 / 154

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 減価償却法研究
著作者等 沼田 嘉穂
書名ヨミ ゲンカ ショウキャクホウ ケンキュウ
出版元 森山書店
刊行年月 昭14
ページ数 154p
大きさ 19cm
NCID BN15583043
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46051720
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想