「国際テロ・国際組織犯罪」対策とマイノリティの「不安全」 : 日本・韓国・フィリピンの経験から

武者小路公秀 監修 ; 「人間の安全保障と搾取的移住労働」研究会, 反差別国際運動 (IMADR) 編

本書は、反差別国際運動(IMADR)による「搾取的移住・人身売買の撤廃」を目指すテーマ別活動の一翼を担った、「人間の安全保障と搾取的移住労働」研究会が、トヨタ財団から2002年度研究助成国際プロジェクト助成を得て、2002年10月から2003年末にかけて実施した研究プロジェクト「東アジア・東南アジアにおける国際テロ/国際組織犯罪対策の比較研究:人権と人間安全保障の観点から」の報告書に、一定の編集を加えたものです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 マイノリティの不安全と国際テロ・国際犯罪組織対策
  • 日本報告 東アジア・東南アジアにおける国際テロ/国際組織犯罪対策の比較研究-人権と人間安全保障の観点から
  • 韓国報告 軍隊・テロリズム・組織犯罪対策が人権と安全に及ぼす影響-ある在韓米軍基地近くの基地村の事例研究
  • フィリピン報告1 フィリピン南部における米国の反テロ軍事行動の影響
  • フィリピン報告2 モロ-米国の対テロ戦争の「第2戦線」がもたらす付随被害
  • フィリピン報告3 女性の安全保障と人権-日本から帰国したフィリピン人女性の場合

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「国際テロ・国際組織犯罪」対策とマイノリティの「不安全」 : 日本・韓国・フィリピンの経験から
著作者等 人間の安全保障と搾取的移住労働研究会
反差別国際運動
武者小路 公秀
「人間の安全保障と搾取的移住労働」研究会・反差別国際運動
「人間の安全保障と搾取的移住労働」研究会反差別国際運動
書名ヨミ コクサイ テロ コクサイ ソシキ ハンザイ タイサク ト マイノリティ ノ フアンゼン : ニホン カンコク フィリピン ノ ケイケン カラ
シリーズ名 IMADR-JCブックレット 10
出版元 反差別国際運動日本委員会 : 解放出版社
刊行年月 2006.5
ページ数 168p
大きさ 21cm
ISBN 4759263330
NCID BA77316838
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21134785
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想