対話する宗教 : 戦争から平和へ

星川啓慈 著

現代世界の動向は、まさしく"宗教間対話"の重要性を指し示している。宗教と戦争のかかわり、宗教間協力の具体例、「公共性」など、さまざまな視点を織り込んだ"宗教間対話"に関する最良の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 宗教とは何か
  • 第2章 宗教間対話とは何か
  • 第3章 宗教の非寛容さと排他性の必然性
  • 第4章 戦争から平和へ
  • 第5章 宗教間対話における真理と言語の問題
  • 第6章 自己理解の深化としての宗教間対話

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 対話する宗教 : 戦争から平和へ
著作者等 星川 啓慈
書名ヨミ タイワスル シュウキョウ : センソウ カラ ヘイワ エ
書名別名 Taiwasuru shukyo
シリーズ名 TU選書 4
出版元 大正大学出版会
刊行年月 2006.6
ページ数 195p
大きさ 19cm
ISBN 4924297410
NCID BA77884240
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21071763
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想