男はなぜネクタイを結ぶのか

出石尚三 著

ひとかどの男なら首元に主張がある-。なぜチャーチルは蝶ネクタイを好んだのか。なぜウィンザー公はウィンザー・ノットをしなかったのか。なぜオナシスは長目に結んだのか。なぜ「ボンド」はニット・タイを好んだのか。なぜケネディはスリムなものを選んだのか。…ファッション探貞の著者が、ポワロのごとく、あるいはマーロウのごとく、首元にまつわる謎の歴史を鮮やかな推理で解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜブラムメルはクラヴァットに糊をつけたのか
  • なぜテック公は新しい結び方を考えたのか
  • なぜリプトンは独自の蝶ネクタイを考案したのか
  • なぜワイルドはフォア・イン・ハンドを結んだのか
  • なぜプッチーニはバタフライを流行らせたのか
  • なぜチャーチルは蝶ネクタイを好んだのか
  • なぜコレットは女性なのにネクタイを結んだのか
  • なぜモームは白い付け襟にしたのか
  • なぜフジタはあえてミス・マッチにしたのか
  • なぜ「マーロウ」は濃紺を選んだのか
  • なぜ「ポワロ」は結び直したのか
  • なぜウィンザー公はウィンザー・ノットをしなかったのか
  • なぜ「ギャッツビー」は英国製を好んだのか
  • なぜグリーンはクラブ・タイに執着したのか
  • なぜダリはネクタイを描いたのか
  • なぜオナシスは長目に結んだのか
  • なぜ「ボンド」はニット・タイを好んだのか
  • なぜケネディはスリムなものを選んだのか
  • なぜライアルは控え目に描写したのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 男はなぜネクタイを結ぶのか
著作者等 出石 尚三
書名ヨミ オトコ ワ ナゼ ネクタイ オ ムスブノカ
書名別名 Otoko wa naze nekutai o musubunoka
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2006.6
ページ数 201p
大きさ 18cm
ISBN 4106101718
NCID BA7726177X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21060161
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想