日本固有法と憲法

藤井新一 著

[目次]

  • 日本固有法と憲法
  • 目次
  • 序論 天皇と日本國體 / 1
  • 第一節 建國時代 / 1
  • 第二節 上古時代 / 6
  • 第三節 中世及び近世時代 / 10
  • 第四節 結論 / 15
  • 第一章 日本國體の本質 / 19
  • 第一節 國體の意義 / 19
  • 第二節 無窮性 / 25
  • 第三節 尊嚴性 / 40
  • 第四節 融和性 / 55
  • 第五節 絶對性 / 67
  • 第二章 日本の憲法 / 75
  • 第一節 憲法の槪念 / 75
  • 第二節 帝國憲法の特色 / 79
  • 第一項 帝國憲法は欽定憲法 / 79
  • 第二項 皇室自律主義の採用 / 80
  • 第三項 天皇御親政 / 80
  • 第四項 立法及び條約に關する大權 / 81
  • 第五項 兵制分離の規則 / 81
  • 第三節 大日本帝國憲法 / 82
  • 第四節 日本憲法の硏究態度 / 97
  • 第一項 歷史的觀測 / 97
  • 第二項 社會學的觀測 / 100
  • 第三項 法律學的觀測 / 103
  • 第五節 結論 / 107
  • 第三章 日本固有法の精神 / 109
  • 第一節 序論 / 109
  • 第二節 固有法の內容 / 118
  • 第三節 結論 / 136
  • 第四章 皇室典範、登極令、攝政令及び立儲令 / 141

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本固有法と憲法
著作者等 藤井 新一
書名ヨミ ニホン コユウホウ ト ケンポウ
シリーズ名 ラヂオ新書 ; 第38
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 昭和16
ページ数 157p
大きさ 19cm
全国書誌番号
46041599
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想