ハーフPCa合成スラブの設計

田中輝明 編著

近年床スラブは大型化し、遮音、振動、耐火、段差等その性能確保のため多様な要素が加わってきており、従って設計作業も複雑化している。本書は数々の実験により事実検証を行いながら、合成スラブがより設計、施工しやすくなることを目標としてまとめた。構造設計に当たっては応力算定の簡便化を図り、即応出来るように図表と例をもって対処し、設計例を豊富に提示して実用設計に十二分に利用出来るように図った。特に今まであまり重きがおかれなかった遮音、振動、耐火については詳細に記述した。更に施工方法についても詳細に記述し、はじめて取り組む人でも安全に、かつ合理的に施工が行えるよう配慮した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 概説
  • 2 ハーフPCa合成スラブの種類
  • 3 ハーフPCa合成スラブの構造特性
  • 4 強度
  • 5 応力と設計
  • 6 たわみ
  • 7 床の衝撃音・振動
  • 8 耐火
  • 9 施工
  • 10 設計例

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハーフPCa合成スラブの設計
著作者等 田中 輝明
書名ヨミ ハーフ PCa ゴウセイ スラブ ノ セッケイ
書名別名 Hafu PCa gosei surabu no sekkei
出版元 理工図書
刊行年月 2006.4
ページ数 150p
大きさ 26cm
ISBN 4844607138
NCID BA7700496X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21068545
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想