「分ける」こと「わかる」こと

坂本賢三 著

「わかる」ために人間が行なう「分ける」という行為。分類の仕方はまた認識の仕方を決定づける。天と地、三材、四大、五行…世界認識のために引かれる分節線は細分化を通して原理に到り、折り返しなされる再構成の作業が「理解」を導く。古代ギリシャ・東洋の思想から近代哲学・科学まで分類の方法と論理を渉猟し、「わかる」ことの人間的真相に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「わかれ」の論理-分離と統一(「わかれ」-もう一度一つになること
  • 分かれる前が本来の姿 ほか)
  • 第2章 「わかり」の論理-認識と理解(「わかる」ということ
  • これ以上分けられないものに還元する ほか)
  • 第3章 「わけ」の論理-カテゴリーと範疇(クラシフィケーションと分類
  • 利害による分類から客観的な分類 ほか)
  • 第4章 「ことわけ」の論理-抽象と階層組織(共通点を拾いあげる
  • 抽象のさまざまなレベル ほか)
  • 第5章 「わかる」の論理-意義と目的(教訓
  • 「わかった風」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「分ける」こと「わかる」こと
著作者等 坂本 賢三
書名ヨミ ワケル コト ワカル コト
書名別名 Wakeru koto wakaru koto
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2006.6
ページ数 226p
大きさ 15cm
ISBN 4061597671
NCID BA77086964
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21040951
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想