国民学術協会公開講座  第1輯

国民学術協会 編

[目次]

  • 目次
  • 開講の辭-序にかへて 本協會理事長文学博士 桑木嚴翼 / 1
  • 終講の辭-跋にかへて 本協會常務理事 島中雄作 / 371
  • 明治の哲學界 本協會理事長文学博士 桑木嚴翼 / 1
  • 現代哲學の動向 本協會常務理事 三木淸 / 37
  • 數學敎育の革新 本協會理事理学博士 小倉金之助 / 65
  • 一、 問題の意味
  • 二、 小學校の數學
  • 三、 中學校の數學
  • 四、 數學敎師の養成
  • 五、 數學の大衆化
  • 六、 結び
  • 有限會社の話 本協會監事法學博士 松本烝治 / 97
  • 法律家の言葉 本協會理事法學博士 牧野英一 / 125
  • 夫の貞操 本協會監事法學博士 穗積重遠 / 151
  • 一、 貞操と姦通とは妻の專賣
  • 二、 大寶から明治まで
  • 三、 離婚原因
  • 四、 姦通罪
  • 五、 小河・加藤論爭と婦人矯風會
  • 六、 一瀨・平井論爭と判例の傾向
  • 七、 民法改正要項
  • 八、 男子貞操義務判決
  • 九、 改正刑法假案
  • 十、 新秩序新體制と夫の貞操
  • 金の將來 本協會評議員經済學博士 阿部賢一 / 181
  • 農民の生活形態 本協會評議員農學博士 東畑精一 / 207
  • 一、 はしがき
  • 二、 自然灌漑
  • 三、 勞働
  • 四、 副業、自給農業
  • 五、 生活內容
  • 世界情勢の歷史哲學的分析本協會理事 杉森孝次郞 / 239
  • 歐洲大戰と日支事變 本協會評議員法學博士 芦田均 / 265
  • 一、 ヒツトラーの出現
  • 二、 ナチスの攻勢的外交
  • 三、 英國の國內情勢
  • 四、 歐洲の勢力均衡
  • 五、 慰撫政策
  • 六、 佛國敗北の政治的背景
  • 七、 歐洲戰爭の前途
  • 八、 欧洲戰と日本への影響
  • 九、 日支事變處理の核心
  • 十、 所謂新體制
  • 話言葉の文化本協會理事 長谷川如是閑 / 295
  • 一、 話し言葉
  • 二、 話し言葉の成立條件
  • 三、 日本の話し言葉の中庸性
  • 四、 言葉の良否
  • 五、 日本の話し言葉の變化
  • 六、 話し言葉の日本的特徵-殊に「敬語」
  • 七、 日本的特徵の發生理由
  • 八、 日本語の煩瑣
  • 九、 話し言葉と國民的敎養
  • 一〇、 日本に於ける言葉の藝術
  • 一一、 「音聲の藝術」と「言語の藝術」
  • 一二、 言語藝術の日本的特徵
  • 一三、 藝術的言語と日常語
  • 一四、 言語藝術に於ける型
  • 一五、 言語に於ける型の必然性-飜譯の難點
  • 一六、 日本の言語藝術の過去と現在
  • 涕泣史談 本協會評議員 柳田國男
  • 「財團法人 國民學術協會」概要(昭和十六年 二月廿六日現在) / 377
  • 一、 設立趣意書
  • 二、 沿革略
  • 三、 事業
  • 四、 寄附行爲
  • 五、 會員名

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国民学術協会公開講座
著作者等 国民学術協会
書名ヨミ コクミン ガクジュツ キョウカイ コウカイ コウザ
書名別名 Kokumin gakujutsu kyokai kokai koza
巻冊次 第1輯
出版元 中央公論社
刊行年月 昭和16
ページ数 405p
大きさ 22cm
全国書誌番号
46037499
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想