鋼道路橋設計資料

日本道路技術協会 編

[目次]

  • 目次
  • 圖-1 等分布荷重 / 1
  • 圖-2 衝擊係數 / 2
  • 圖-3 鈑桁風荷重及橫荷重 / 3
  • 圖-4 單純構風荷重及橫荷重 / 4
  • 圖-5 中央曲ゲモーメント(支間30m迄) / 5
  • 圖-6 1/4點曲ゲモーメント(支間30m迄) / 6
  • 圖-7 一等橋中央曲ゲモーメント / 7
  • 圖-8 一等橋1/4點曲ゲモーメント / 8
  • 圖-9 二等橋中央曲ゲモーメント / 9
  • 圖-10 二等橋1/4點曲ゲモーメント / 10
  • 圖-11 一等橋中央剪斷力 / 11
  • 圖-12 一等橋端反力 / 12
  • 圖-13 二等橋中央剪斷力 / 13
  • 圖-14 二等橋端反力 / 14
  • 圖-15・圖-16 一等橋床版 / 15
  • 圖-17・圖-18 二等橋床版 / 17
  • 表-1 床版表(圖-15・16・17・18參照) / 19
  • 圖-19 二方向に主鐵筋を有する床版の荷重分布割合 / 20
  • 圖-20 縱桁への輪荷重の分布 / 21
  • 圖-21 橫桁への輪荷重の分布 / 21
  • 圖-22 一等橋縱桁曲ゲモーメント / 22
  • 圖-23 二等橋縱桁曲ゲモーメント / 22
  • 表-2 工形鋼及溝形鋼抵抗モーメント表 / 23
  • 圖-24 一等橋縱桁端反力 / 24
  • 圖-25 二等橋縱桁端反力 / 25
  • 圖-26 軸方向壓縮應力 / 26
  • 圖-27 合成許容應力(軸方向壓縮應力) / 27
  • 圖-28 桁の壓縮緣許容應力 / 28
  • 圖-29 合成許容應力(桁の壓縮緣) / 29
  • 表-3 許容應力增加表 / 30
  • 圖-30 壓縮材及鈑桁の蓋鈑厚 / 31
  • 圖-31 組合せ壓縮材の高 / 32
  • 圖-32 綾片に作用する剪斷力 / 33
  • 圖-33 鈑桁腹鈑の厚 / 34
  • 圖-34 補剛材最大間隔 / 35
  • 表4-9 日本標準規格形鋼 / 36
  • 表-10 ユニバーサル平鋼最大寸法表 / 41
  • 表-11 鋼鈑最大寸法表 / 42
  • 表-12 針金の徑・薄鈑の厚及其稱呼 / 43
  • 表-13 新舊薄鈑及ワイヤーゲージ比較 / 43
  • 表-14 瓦斯管の寸法 / 43
  • 表-15 ボルト及ナツト寸法表 / 44
  • 表-16 ボルト・ナツト・座鐵重量表 / 45
  • 表-17 現場鋲の長サ / 46
  • 表-18 鋲の許容應力 / 46
  • 表-19 鋲の寸法及重量 / 46
  • 表-20 山形鋼に於ける鋲線の位置 / 46
  • 表-21・22 V字形鋲の最小間隔及最小鋲距 / 47
  • 表-23 リベツト臺及スナツプの徑 / 47
  • 表-24 鋲の最小離れ / 47
  • 表-25 クリンプ山形の鋲の位置 / 47
  • 表-26 引張材純斷面積の決定法 / 48
  • 表-27 引張山形鋼の有效斷面積 / 49
  • 表-28-(1)・(2) 鈑の斷面積 / 50
  • 表-29-(1)・(2) 鋼鈑の重量 / 52
  • 表-30 鈑の慣性モーメント / 54
  • 表-31 等邊及不等邊山形鋼ノ慣性モーメント / 64
  • 表-32 製圖規格(拔萃) / 87
  • 表-33 電弧熔接の記號 / 92
  • 表-34 度量衡比較表 / 93
  • 圖表使用法解說 / 96
  • 附錄
  • 鋼道路橋設計示方書案 / 110
  • 鋼道路橋製作示方書案 / 132
  • 電弧熔接鋼道路橋設計及製作示方書案 / 139

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鋼道路橋設計資料
著作者等 日本道路技術協会
書名ヨミ コウドウロキョウ セッケイ シリョウ
書名別名 Kodorokyo sekkei shiryo
出版元 シビル社
刊行年月 昭和16
ページ数 144p
大きさ 21×30cm
NCID BA62250270
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46037341
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想