爆発JAL123便 : 航空機事故、複雑怪奇なり

加藤寛一郎 著

御巣鷹山事故と同様に油圧操縦系統を喪失しながら、奇跡の生還を果たした爆発事故があった。乗客の生還数がまったく異なったのはなぜか。乗員の技量がまったく違ったのだ-。与圧胴体の爆発、エンジン・ファンの破壊、火薬による爆破など、さまざまな原因で起こる爆発事故の中から代表的な六例をあげて簡潔に解説、事故の真相に鋭く迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜ、御巣鷹山に激突したのか?
  • 第2章 奇跡の着陸とパイロットの技量!
  • 第3章 整備ミスが命取りに!
  • 第4章 消えた世界初の大型ジェット旅客機!
  • 第5章 繰り返された墜落の原因は?
  • 第6章 手投げ弾爆発、機長失神!
  • 第7章 貨物室に時限爆発装置が!
  • 第8章 吹き飛んだ天井!沈着な生還飛行!

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 爆発JAL123便 : 航空機事故、複雑怪奇なり
著作者等 加藤 寛一郎
書名ヨミ バクハツ JAL 123ビン : コウクウキ ジコ フクザツ カイキ ナリ
書名別名 Bakuhatsu JAL 123bin
シリーズ名 だいわ文庫
出版元 大和書房
刊行年月 2006.6
ページ数 229p
大きさ 15cm
ISBN 4479300333
NCID BA78429126
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21054733
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想