シルクロードの水と緑はどこへ消えたか?

日高敏隆, 中尾正義 編

砂に埋もれたミイラは何を語るのか?オアシス都市の繁栄はこのまま続くのか?三千年の水をめぐる"自然‐人間"の軌跡に私たちは何を学ぶのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 昔、タクラマカン砂漠は緑だった…?
  • 第2章 来る水、行く水-オアシスをめぐる水の循環
  • 第3章 オアシスの盛衰と現代の水問題
  • 第4章 砂漠化は地球環境に何をもたらすのか?
  • 第5章 シルクロードから消えた水と世界水危機

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シルクロードの水と緑はどこへ消えたか?
著作者等 中尾 正義
日高 敏隆
書名ヨミ シルクロード ノ ミズ ト ミドリ ワ ドコエ キエタカ
書名別名 Shirukurodo no mizu to midori wa dokoe kietaka
シリーズ名 地球研叢書
出版元 昭和堂
刊行年月 2006.6
ページ数 198p
大きさ 20cm
ISBN 4812206251
NCID BA77138401
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21052742
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想