仏蘭西経済学説論集

永田清 著 ; 永田清論集刊行会 編

[目次]

  • 目次
  • 第一部 佛蘭西經濟學說硏究 / p1
  • 一 ローザンヌ學派創設者レオン・ワルラス / p3
  • 二 價値論と平衡論-「價値論の價値」を中心として觀たるワルラスよりパレエトへの經濟的平衡論の發展- / p41
  • 三 ワルラスとカッセル-主として理論經濟學上に於ける兩者の關係に就て- / p85
  • 四 十八世紀中葉の佛蘭西哲學とコンディヤックの價値論-感覺論と主觀的價値說との交涉- / p120
  • 五 シスモンディの思想過程について / p153
  • 六 フランス啓蒙思想 / p192
  • 第二部 財政の理論と政策 / p209
  • 七 公共投資の理論-公共投資の問題- / p211
  • 八 ケインズ理論と財政政策-財政學からみたケインズ- / p258
  • 九 雇傭をめぐる財政政策の展開-ベヴァリッジ=カルドアの線に沿うて- / p276
  • 一〇 地方財政論への接近 / p293
  • 永田淸略年譜 / p325
  • 永田淸著作目錄 / p329
  • 編集後記(編集委員) / p341

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 仏蘭西経済学説論集
著作者等 永田 清
永田清論集刊行会
書名ヨミ フランス ケイザイ ガクセツ ロンシュウ
出版元 日本評論新社
刊行年月 1959
ページ数 343p 図版
大きさ 22cm
NCID BN07351778
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59007131
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想