薩摩焼の研究

田沢金吾, 小山富士夫 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 序說 / 1
  • 第二章 窯址調査槪況 / 4
  • 第三章 各論 / 13
  • 第一節 帖佐系統竝其傍系の諸窯 / 14
  • 一 宇都窯 / 15
  • 二 八日町窯 / 34
  • 三 御里窯 / 36
  • 四 龍口坂窯 / 39
  • 五 吉原窯 / 43
  • 六 山元窯 / 44
  • 七 湯の谷窯 / 57
  • 八 龍門司窯 / 58
  • 九 花倉窯 / 77
  • 一〇 元立院窯 / 80
  • イ 西餅田窯址 / 86
  • ロ 小松窯址 / 99
  • 第二節 竪野系統の諸窯 / 103
  • 一 竪野窯 / 103
  • イ 竪野冷永窯址 / 116
  • ロ 竪野長田窯址 / 125
  • 二 稻荷窯 / 133
  • 三 磯窯 附仙巖窯及忠重公第二次御庭燒窯 / 138
  • 四 田之浦窯 / 143
  • 五 宮丸窯 / 147
  • 第三節 串木野系統の諸窯 / 150
  • 一 串木野窯 / 150
  • 二 苗代川窯 / 161
  • イ 元屋敷窯址 / 171
  • ロ 堂平窯址 / 175
  • ハ 五本松窯址 / 179
  • ニ 東打通窯址 / 182
  • ホ ウチコク窯址 / 183
  • ヘ 御定式窯址 / 185
  • 三 笠野原窯 / 195
  • 第四節 磁器系統の諸窯 / 201
  • 一 平佐皿山窯 / 201
  • イ 北鄕窯址 / 204
  • ロ 大窯々址 / 207
  • 二 彌勒皿山窯 / 211
  • 三 苗代川南京皿山窯 / 215
  • 四 日木山皿山窯 / 218
  • 第四章 後說 / 221
  • 第一節 薩摩燒の源流と其の陶工 / 221
  • 一 緖言 / 221
  • 二 陶工渡來年月と其の鄕土 / 222
  • 三 渡來鮮人の姓氏と共の員數 / 234
  • 四 金海芳仲竝芳珍の同異 / 238
  • 五 主要陶工とその窯場の變遷 / 246
  • イ 帖佐の窯場と其の陶工 / 247
  • ロ 加治木の窯場と其の陶工 / 249
  • ハ 芳珍とその窯場 / 252
  • 第二節 薩摩燒に於ける窯構造樣式及窯用具の變遷 / 255
  • 一 窯構造樣式の變遷 / 255
  • 二 窯用具の種類と其の變遷 / 259
  • 附載第一 古記錄篇 / 266
  • 附載第二 薩摩燒年表 / 292
  • 附載第三 薩摩燒に關する文献目錄 / 307

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 薩摩焼の研究
著作者等 小山 富士夫
田沢 金吾
書名ヨミ サツマヤキ ノ ケンキュウ
書名別名 Satsumayaki no kenkyu
出版元 東洋陶磁研究所
刊行年月 昭和16
ページ数 309p
大きさ 22cm
NCID BN1146789X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46038047
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想