ゴータマ・ブッダ考

並川孝儀 著

[目次]

  • 第1章 ブッダとは(ブッダと呼称されていた仏弟子たち
  • 仏弟子たちとブッダの宗教的特性
  • ブッダの救済性)
  • 第2章 ゴータマ・ブッダの死と涅槃の変質(涅槃の語義
  • 涅槃と煩悩
  • 涅槃-生と死
  • 二つの涅槃-有余依涅槃と無余依涅槃)
  • 第3章 原始仏教にみられる輪廻思想-ゴータマ・ブッダの輪廻観(最古層の韻文資料における輪廻の表現
  • 古層の韻文資料における輪廻の表現 ほか)
  • 第4章 ゴータマ・ブッダ伝承の非史実性(ラーフラ(羅〓羅)の命名とゴータマ・ブッダの出家
  • ゴータマ・ブッダ出家後の修定伝承)
  • 第5章 ゴータマ・ブッダ滅後の教団とアーナンダ(ブッダ滅後の教団におけるアーナンダの主導性
  • アーナンダとマハーカッサパの臨終伝承)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴータマ・ブッダ考
著作者等 並川 孝儀
書名ヨミ ゴータマ ブッダ コウ
書名別名 Gotama budda ko
出版元 大蔵
刊行年月 2005.12
ページ数 237p
大きさ 22cm
ISBN 4804305637
NCID BA74857762
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21049527
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想