思想としての仏教入門

末木文美士 著

広範多岐にわたる全体を「生きた思想」として学ぶための、第一人者による画期的入門書。懇切な脚注、便利な解説索引、読書ガイダンス付。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 いまなぜ仏教か
  • 2 歴史的概観
  • 3 テキストの森
  • 4 解釈のパラダイム
  • 5 苦悩としての存在
  • 6 言語と存在
  • 7 象徴としての世界
  • 8 心の深層
  • 9 他者と関わる
  • 10 コミュニティの形成
  • 11 超脱の道
  • 12 来世と救済
  • 13 楽観論の陥穽
  • 14 差別と平等
  • 15 思想史の中の仏教

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思想としての仏教入門
著作者等 末木 文美士
書名ヨミ シソウ ト シテノ ブッキョウ ニュウモン
書名別名 Shiso to shiteno bukkyo nyumon
出版元 トランスビュー
刊行年月 2006.6
ページ数 206, 15p
大きさ 22cm
ISBN 490151041X
NCID BA77327594
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21049262
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想