芸術と生政治 : 現代思想の問題圏

岡田温司 著

フーコーの提起からアガンベンやエスポジトの議論まで、「生政治」の閾を「芸術」の側面から鮮やかに照射する。私たちを取り巻く問題圏をその近代的な根源にまで遡る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ミュージアムとパノプティコン
  • 2 絵画の「衛生学」-保存・修復をめぐる「生政治」
  • 3 芸術の身体、生政治の身体
  • 4 芸術作品は有機体か?
  • 5 鑑定と鑑識-芸術的同一性と司法的同一性
  • 6 生政治/死政治の彼岸へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芸術と生政治 : 現代思想の問題圏
著作者等 岡田 温司
書名ヨミ アルス ト ビオス : ゲンダイ シソウ ノ モンダイケン
書名別名 Ars e bíos:la problematica del pensiero moderno

Arusu to biosu
出版元 平凡社
刊行年月 2006.4
ページ数 298p
大きさ 22cm
ISBN 4582702619
NCID BA76595882
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21042709
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想