教材作りのためのFLASH 20 lessons

山口栄一 著

本書がめざすのは、マルチメディアのプログラムをはじめて作る生徒や学生が、簡単なプログラムなら自分でデザインできるようになり、解説書を読める力をもつことです。サンプルの教材を作りながらFLASHを学べるように工夫されています。教材は身近なものであり、すぐにも応用できるものを用意しています。読者がすべきことはそれをまねて自分なりのものをつくることです。学習の効率化のために、グラフィック、サウンドのサンプル素材を用意しました。HTMLの学習にあきたらない情報教育のテキストとして、また、プログラミングの入門のテキストとして役立ちます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • FLASHでかんたんなアニメーションをつくる
  • 回転するアニメーションをつくる
  • 動くボタンをつくる
  • 音と効果をアニメーションに加える
  • ガイドラインでアニメーションをつくる
  • アクションスクリプトをつかう
  • ボタンで選択・表示のクイズをつくる
  • ムービーごとに異なるサウンドを出す
  • 隠れているものを表示・非表示する
  • 入力されたテキストを判定する〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教材作りのためのFLASH 20 lessons
著作者等 山口 栄一
書名ヨミ キョウザイズクリ ノ タメノ FLASH 20 lessons
出版元 玉川大学出版部
刊行年月 2006.5
ページ数 199p
大きさ 26cm
付随資料 CD-ROM1枚 (12cm)
ISBN 4472403315
NCID BA77176182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21037219
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想