民衆の古代史 : 『日本霊異記』に見るもう一つの古代

吉田一彦 著

日本古代の社会体制を「律令国家」と捉えることは、はたして真実といえるのか。最古の仏教説話集『日本霊異記』をひもときながら律令からはみ出して生きる民衆の鮮烈な実像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『日本霊異記』の面白さ
  • 2 魚を捕る人々
  • 3 「村」とは何か
  • 4 金融、女性、市
  • 5 仏教の流行と私度の僧尼
  • 終章 「律令国家論」を越えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民衆の古代史 : 『日本霊異記』に見るもう一つの古代
著作者等 吉田 一彦
書名ヨミ ミンシュウ ノ コダイシ : ニホン レイイキ ニ ミル モウ ヒトツ ノ コダイ
書名別名 Minshu no kodaishi
シリーズ名 日本霊異記
出版元 風媒社
刊行年月 2006.4
ページ数 240p
大きさ 20cm
ISBN 4833105330
NCID BA76804020
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21035592
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想