憲法9条研究と議論の最前線

畠基晃 著

改憲の最大テーマである9条問題を多数の文献や見解をもとに客観的・実証的に検証し、正しい議論のための基礎的な知識や事実を詳細・正確に提示。集団的自衛権、日米安保、国際貢献、国家緊急権など周辺事項も積極的に解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 戦争違法化の歴史と国連憲章
  • 第2章 憲法第9条の制定・解釈と今日までの歩み
  • 第3章 憲法第9条とわが国の防衛法制の体系
  • 第4章 日本国憲法と集団的自衛権・日米安保
  • 第5章 日本国憲法と集団安全保障・国連・国際平和協力
  • 第6章 憲法と国際法
  • 第7章 日本国憲法と国家緊急権
  • 第8章 憲法第9条の今後(各政党の立場)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 憲法9条研究と議論の最前線
著作者等 畠 基晃
書名ヨミ ケンポウ 9ジョウ ケンキュウ ト ギロン ノ サイゼンセン
出版元 青林書院
刊行年月 2006.5
ページ数 489p
大きさ 21cm
ISBN 4417014051
NCID BA76957724
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21037789
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想