Gosick s  2(夏から遠ざかる列車)

桜庭一樹 著

少女は白いドレスを着て、緑の絨毯の上で待っていた。草いきれすらも、心地よい。会えるのだから。二人しか、ここには居ないのだから。そう、陶製の人形のような少女-ヴィクトリカは、今日も彼が来るのを待っている。少年・久城一弥が、かけてくるのを。芽吹いた緑たちが。噴水からこぼれおちる水の青が。そしてそれらを照らす陽の赤が。すべての色が輝きを増し、光に包まれ、命が生きようとする季節-夏。やがて訪れるであろう崩壊と、別離を前にした一瞬の平和-刹那。二人だけの学園にて、一弥とヴィクトリカは同じ時を生きる。世界を語る。謎を-混沌のむこうにある心を知る。そして、お互いを思う。ひと夏の間に重ねられる、淡い逢瀬の物語。ゴシック・ミステリー短編集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Gosick s
著作者等 桜庭 一樹
書名ヨミ Gosick s
シリーズ名 富士見ミステリー文庫
巻冊次 2(夏から遠ざかる列車)
出版元 富士見書房
刊行年月 2006.5
ページ数 269p
大きさ 15cm
ISBN 4829163526
NCID BA84964496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21026881
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想