ヴィクトリア朝英国と東アジア

川本皓嗣, 松村昌家 編

[目次]

  • ムスメに魅せられた人々-英詩のジャポニスム
  • キプリングと日本
  • 交差する両洋の眼差し-アルフレッド・パーソンズと明治の水彩画
  • 『イラストレイテッド・ロンドン・ニューズ』の東アジア-日清戦争期の朝鮮報道を中心に
  • 中村正直-洋学に転じた漢学者
  • ミルのOn Libertyは明治日本と清末中国でどのように読まれたか-中村正直訳『自由之理』と厳復訳『羣己権界論』
  • 福沢諭吉におけるW・バジョット問題
  • 文明史・G・G・ゼルフィとT・B・麻侯礼卿-その前史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヴィクトリア朝英国と東アジア
著作者等 安西 敏三
川本 皓嗣
平川 祐弘
松村 昌家
森 道子
王 晓范
谷田 博幸
鈴木 利章
書名ヨミ ヴィクトリアチョウ エイコク ト ヒガシアジア
シリーズ名 大手前大学比較文化研究叢書 3
出版元 思文閣
刊行年月 2006.4
ページ数 262p
大きさ 22cm
ISBN 4784212973
NCID BA76614681
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21031508
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想