ゲルギエフ

安達紀子 [著]

06年1月に来日公演を控え、世界を舞台に活躍し日本ではオペラファン等から熱狂的に支持されている指揮者ゲルギエフについて、現在までの軌跡を紹介。ゲルギエフの音楽が聴きたくなる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1楽章 生い立ちから指揮者誕生まで(幼年時代、少年時代-北オセチアの自然:山と太陽のエネルギー
  • ウラジカフカスの音楽学校-ユニークな英才教育
  • サンクトペテルブルグ-ヨーロッパ音楽とロシア音楽の伝統から生まれた指揮者)
  • 第2楽章 ペレストロイカの寵児-カリスマ・プロデューサー(マリインスキー劇場におけるペレストロイカ
  • ロシアの中のゲルギエフ-国民的指揮者
  • 世界を舞台に-世界に飛翔するロシア・オペラ)
  • 第3楽章 ゲルギエフの音楽観(歴史感覚、宗教感覚と現代性-『ムツェンスク郡のマクベス夫人』
  • オペラという総合芸術の魅力と魔力-『戦争と平和』『ボリス・ゴドゥノフ』
  • 音楽を超える音楽-時代を超えて:ショスタコーヴィチ、そしてワーグナー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲルギエフ
著作者等 安達 紀子
書名ヨミ ゲルギエフ : カリスマ シキシャ ノ キセキ
書名別名 カリスマ指揮者の軌跡

Gerugiefu
シリーズ名 ユーラシア・ブックレット / ユーラシア研究所・ブックレット編集委員会 企画・編集 no.84
出版元 東洋書店
刊行年月 2005.10
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 4885955890
NCID BA7403890X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21028846
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想