「冬のソナタ」から見えてくるもの : 韓流の韓国を訪ねて

高柳美知子, 岩本正光 編著

「冬ソナ」はなぜ日本人女性の心をとらえたのか、韓流ブームはなぜ日本を席巻するに至ったのか。-歴史を踏まえた日韓交流のあり方を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「冬のソナタ」に魅せられて(わたしと「冬のソナタ」-手記
  • 「冬のソナタ」の魅力)
  • 第2章 「冬のソナタ」の作品論(「冬のソナタ」の社会的影響
  • 「冬のソナタ」の作品分析 ほか)
  • 第3章 「冬ソナ・ツアー」から(韓国を訪ねて感じたこと、考えたこと-座談会
  • 「ナヌムの家・歴史館」が問うていること)
  • 第4章 韓流の「いま」と「これから」(なぜいま「韓流」なのか
  • 歴史に学んで実りある日韓交流へ)
  • 付 「冬ソナ・ツアー」ガイド

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「冬のソナタ」から見えてくるもの : 韓流の韓国を訪ねて
著作者等 岩本 正光
高柳 美知子
書名ヨミ フユ ノ ソナタ カラ ミエテクル モノ : ハンリュウ ノ カンコク オ タズネテ
シリーズ名 冬のソナタ (テレビドラマ)
出版元 かもがわ
刊行年月 2006.4
ページ数 166p
大きさ 19cm
ISBN 4780300185
NCID BA77058517
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21020967
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想