債権各論

本田純一 著

民法の現代語化に完全対応、法科大学院時代にフィットした最新版。図表・チャートの使用と2色刷で基礎的知識や学説・判例をすっきり整理、具体的な事例で考えるケース・スタディ方式で模範解答の書き方があなたのものになる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 債権各論の位置と構造
  • 契約の変容
  • 契約の成立
  • 同時履行の抗弁権
  • 危険負担
  • 第三者のためにする契約
  • 契約の解除
  • 贈与
  • 売買の成立と手付け
  • 売主の担保責任〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 債権各論
著作者等 本田 純一
書名ヨミ サイケン カクロン
書名別名 Saiken kakuron
シリーズ名 論点講義シリーズ 7
出版元 弘文堂
刊行年月 2006.4
版表示 第2版.
ページ数 261p
大きさ 26cm
ISBN 4335312253
NCID BA76695005
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21015716
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想