書物の運命

池内恵 著

時を経て残る書物とは何か。イスラームと西洋、そして日本-書物の中に時代の「相」を見出す気鋭の中東研究者による初の書評・文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 古典と現代(いつも本だけがあった
  • 『ルバイヤート』と書物の運命
  • 岡倉天心『茶の本』と東洋のかたち ほか)
  • 2 エジプトで考えたこと(「さかさまの世界」から
  • 職業的故郷喪失者
  • エジプトで考えたこと ほか)
  • 3 書評2001‐2005(職業としての読書
  • ヨセフ・ボダンスキー『ビンラディン-アメリカに宣戦布告した男』
  • イスラエル-パレスチナの迷路を読み解く ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 書物の運命
著作者等 池内 恵
書名ヨミ ショモツ ノ ウンメイ
出版元 文藝春秋
刊行年月 2006.4
ページ数 310p
大きさ 20cm
ISBN 4163680608
NCID BA76637053
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21014243
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想