山岳信仰と日本人

安田喜憲 編著

巨木に注連縄をかけ、ご来光に手を合わせて拝む日本人の心の源流を「聖なる山」への信仰から探り、現代に連なる環日本海文化の深層に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本の山岳信仰のルーツは長江文明にある(オビシャと長江文明
  • 日本人の山岳信仰と長江流域
  • 雷神と観音と山神と-日本の山岳信仰に寄せて
  • 山と里の民俗文化的特質)
  • 第2部 立山信仰研究への新たな展開(立山信仰研究の視点
  • 立山信仰の歴史地理学的研究 ほか)
  • 第3部 白山信仰は日本の山岳信仰のルーツか(古代の日本海からみた白山と立山
  • 白山垂迹曼荼羅図の六所王子をめぐって)
  • 第4部 磐梯山信仰と徳一の再評価(大和朝廷律令制国家の確立と会津地域山岳信仰の役割
  • 絹本著色恵日寺絵図を読む-神仏習合を完成させた徳一)
  • 第5部 山の神々がかたるもの(山の神論言説批判のための覚書
  • 仏の衣を着せられた神の山
  • 新説・山の神考
  • 山岳信仰と島国日本の未来)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山岳信仰と日本人
著作者等 佐々木 高明
加藤 めぐみ
守田 益宗
安田 喜憲
小佐野 峰忠
小林 道憲
岩鼻 通明
李 国棟
染川 明義
百田 弥栄子
福澤 仁之
簗田 直幸
米原 寛
萩原 法子
萩原 秀三郎
藤木 利之
那須 浩郎
金田 久璋
黒田 晃弘
書名ヨミ サンガク シンコウ ト ニホンジン
書名別名 The mountain worship and the Japanese

Sangaku shinko to nihonjin
出版元 NTT
刊行年月 2006.4
ページ数 393p
大きさ 22cm
ISBN 4757141335
NCID BA76552256
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21017671
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
オビシャと長江文明 萩原 法子
ミクリガ池における過去一九〇〇年間の水質変化 加藤めぐみ
ミクリガ池年縞堆積物からみた立山信仰の開始 福澤仁之
ミクリガ池湖底から採取した年縞堆積物からみた立山周辺の過去一三〇〇年間の植生変化 藤木 利之
仏の衣を着せられた神の山 染川 明義
古代の日本海からみた白山と立山 小林 道憲
大和朝廷律令制国家の確立と会津地域山岳信仰の役割 小佐野 峰忠
山と里の民俗文化的特質 萩原 秀三郎
山の神々がかたるもの 安田 喜憲
山の神論言説批判のための覚書 金田 久璋
山岳信仰と女人禁制 岩鼻通明
山岳信仰と島国日本の未来 安田 喜憲
山岳植生の変遷史 守田 益宗
新説・山の神考 佐々木 高明
日本の山岳信仰のルーツは長江文明にある 安田 喜憲
日本人の山岳信仰と長江流域 李 国棟
白山信仰は日本の山岳信仰のルーツか 安田 喜憲
白山垂迹曼荼羅図の六所王子をめぐって 黒田 晃弘
磐梯山信仰と徳一の再評価 安田 喜憲
立山ミクリガ池の湖底年縞堆積物から産出した大型植物遺体 那須 浩郎
立山信仰の歴史地理学的研究 岩鼻 通明
立山信仰研究の視座 米原寛
立山信仰研究への新たな展開 安田 喜憲
絹本著色恵日寺絵図を読む 簗田直幸
雷神と観音と山神と 百田弥栄子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想