国際機構論

最上敏樹 著

国際機構はなぜ、いかに存在するのか?根源から全体像に迫る決定版テキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 国際機構小史
  • 第2章 国際連合
  • 第3章 国連改革
  • 第4章 地域的国際機構
  • 第5章 国際機構創設の動因
  • 第6章 構造・機能・意思決定
  • 第7章 国際機構論の方法
  • 第8章 国際機構の理論化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際機構論
著作者等 最上 敏樹
書名ヨミ コクサイ キコウ ロン
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2006.3
版表示 第2版.
ページ数 369p
大きさ 21cm
ISBN 4130323369
NCID BA7626768X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21012030
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想