旧制一高の文学 : 上田敏・谷崎潤一郎・川端康成・池谷信三郎・堀辰雄・中島敦・立原道造らの系譜

稲垣眞美 著

近現代の日本文学史を担ったひとびと。明治二十三年から昭和二十四年の『校友会雑誌』『向陵時報』に一高文学の血脈を読む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 明治期(一八九〇〜一九一二)(一高『校友会雑誌』創刊のころ-大町桂月、上田敏、武島羽衣、尾上柴舟
  • 個人主義の台頭-石原謙、藤村操、魚住影雄、阿部次郎、安倍能成
  • 文学の興隆 詩歌、俳句-茅野肅々、木下杢太郎、荻原井泉水、吉植庄亮、土屋文明 ほか)
  • 2 大正期(一九一二〜二六)(「愛と認識への出発」倉田百三
  • 哲学と文化史への志向-谷川徹三、三木清、林達夫、北川三郎
  • 新感覚派、新興芸術派への胎動-芹沢光治良、川端康成、池谷信三郎、村山知義 ほか)
  • 3 昭和期-戦争と抑圧に消えざりし文学の灯火(しのびよる激動の間に-高見順、島村秋人、中島敦
  • 受難と間奏譜-北川省一、塙正、森敦、杉浦明平、立原道造
  • 新墾の駒場の時代-福永武彦、小島信夫、中村真一郎、加藤周一 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旧制一高の文学 : 上田敏・谷崎潤一郎・川端康成・池谷信三郎・堀辰雄・中島敦・立原道造らの系譜
著作者等 稲垣 真美
稲垣 眞美
書名ヨミ キュウセイ イチコウ ノ ブンガク : ウエダ ビン タニザキ ジュンイチロウ カワバタ ヤスナリ イケノヤ シンザブロウ ホリ タツオ ナカジマ アツシ タチハラ ミチゾウ ラ ノ ケイフ
出版元 国書刊行会
刊行年月 2006.3
ページ数 264p
大きさ 20cm
ISBN 4336047596
NCID BA76287450
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21033589
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想