呪いの紙草履

和久峻三 著

足封じの意味を持つ呪いの紙草履が家々の軒下に置かれるという奇怪な事件が起こり、二人の死者が出てしまう。戦国時代の埋蔵金発掘騒動との関わりが判明し、村人の対立が表面化するなかで大地主の息子を被告とする公判が開かれるが、事件は意外な方向へ進展していく…。表題作とその後日談を含む四篇を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 呪いの紙草履
著作者等 和久 峻三
書名ヨミ ノロイ ノ カミゾウリ
シリーズ名 赤かぶ検事短篇シリーズ 2
嶋中文庫 2
出版元 嶋中書店
刊行年月 2005.9
ページ数 338p
大きさ 15cm
ISBN 4861563402
全国書誌番号
21000323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想