スチュアート・ホール

ジェームス・プロクター 著 ; 小笠原博毅 訳

カルチュラル・スタディーズの最重要人物、英国植民地出身のホールは、「文化」を権力の諸関係の絶えざる闘争の現場と考えた。政治的危機、暴動、メディア、人種差別、エスニシティ等をめぐって洞察あふれる抵抗理論への招待。文化闘争の現場に歴史の重層状況を読む。支配文化への抵抗。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「ポピュラー」を脱構築する
  • 第2章 カルチュラル・スタディーズへの参入
  • 第3章 エンコーディング/ディコーディング
  • 第4章 人種差別と抵抗
  • 第5章 サッチャリズムと「ニュー・タイムス」
  • 第6章 本当の自分

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スチュアート・ホール
著作者等 Procter, James
小笠原 博毅
プロクター ジェームス
書名ヨミ スチュアート ホール
書名別名 Stuart Hall
シリーズ名 シリーズ現代思想ガイドブック
出版元 青土社
刊行年月 2006.2
ページ数 277p
大きさ 20cm
ISBN 4791762231
NCID BA7602028X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21080082
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想