リベラリズム古代と近代

レオ・シュトラウス 著 ; 石崎嘉彦, 飯島昇藏 訳者代表

"気概"と"節度"のリベラリズム論。近代的合理主義と近代的「自由」を乗り越えるための哲学的リベラリズム論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 一般教養教育とは何か
  • 第2章 一般教養教育と責任
  • 第3章 古典的政治哲学のリベラリズム
  • 第4章 『ミノス』について
  • 第5章 ルクレティウスについての覚え書き
  • 第6章 いかにして『迷える者の手引き』の研究を始めるか
  • 第7章 パドゥアのマルシリウス
  • 第8章 エピローグ
  • 第9章 『スピノザの宗教批判』への序言
  • 第10章 善き社会に関する諸々のパースペクティヴ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リベラリズム古代と近代
著作者等 Strauss, Leo
石崎 嘉彦
飯島 昇蔵
シュトラウス レオ
書名ヨミ リベラリズム コダイ ト キンダイ
書名別名 Liberalism ancient and modern

Riberarizumu kodai to kindai
シリーズ名 叢書「フロネーシス」
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2006.3
ページ数 446p
大きさ 22cm
ISBN 4888488312
NCID BA76221747
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21006648
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想