ベンサム功利説の研究

山田孝雄 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 緒論
  • 第一節 ベンサム功利説の系譜 / p1
  • 第二節 ベンサムとその時代 / p10
  • 1 政治および法律上の諸問題 / p10
  • 2 産業革命と貧困の問題 / p18
  • 第三節 ベンサムの著作概要 / p34
  • 第二章 ベンサムの生涯と思想形成
  • 第一節 先祖と幼少時代 / p45
  • 第二節 学校時代 / p56
  • 第三節 思想の形成と初期の著作 / p70
  • 第四節 ボーウッド滞在とロシア旅行 / p94
  • 第五節 主著の出版とフランス革命に対する態度 / p114
  • 第六節 法典編纂と諸国への影響 / p137
  • 第三章 ベンサムの功利説
  • 第一節 功利の原理の根本思想 / p174
  • 1 「政府論断片」に表われた功利の原理 / p174
  • 2 「道徳および立法の原理序論」に表われた功利の原理 / p180
  • 3 ベンサム功利説の影響 / p191
  • 第二節 功利の原理に反する諸原理 / p208
  • 1 三つの反対の原理 / p208
  • 2 禁欲主義の原理 / p209
  • 3 同情および反感の原理 / p211
  • 4 神学的原理 / p219
  • 5 功利の原理のみが唯一の正しい原理である / p221
  • 第三節 制裁論 / p224
  • 1 Sanctionの語義 / p224
  • 2 制裁の種類 / p227
  • 3 J.S.ミルの制裁論との比較 / p232
  • 4 ベンサムの法律的制裁 / p236
  • 第四節 行為の病理学的研究 / p239
  • 1 行為はいかにして発生するか / p239
  • 2 快苦の測定に関する説 / p240
  • 3 行為の発源 Springs of Action / p242
  • 4 感受性の病理学 / p251
  • 第五節 行為の力学(動学)的研究 / p258
  • 1 行為の分析 / p258
  • 2 行為一般と考慮さるべき諸事情 / p259
  • 3 志向性 / p263
  • 4 意識 / p265
  • 5 動機論 / p269
  • 6 気質について / p290
  • 第四章 立法論・パノプチコン・その他について
  • 第一節 刑法論 / p297
  • 1 総説 / p297
  • 2 害悪的行為の結果について / p298
  • 3 ある行為が犯罪とみなされる理由 / p302
  • 4 害悪的行為でしかも罰せられない場合 / p310
  • 5 刑罰の所有すべき諸特質 / p316
  • 6 倫理学と立法の術との限界 / p322
  • 第二節 哲学的急進派 / p328
  • 第三節 パノプチコン / p341
  • 1 パノプチコンの構造とその目的 / p341
  • 2 パノプチコン懲治監の組織と運営 / p345
  • 3 パノプチコン懲治監の目的 / p346
  • 4 パノプチコン建設運動 / p350
  • 第五章 結論
  • 第一節 ベンサムの利己主義と個人主義 / p358
  • 第二節 ベンサムの人間観に対する批判 / p365
  • 第三節 ベンサム倫理思想の現代的意義(マルクスとの比較において) / p370
  • 参考文献目録 / p384
  • 人名索引 / p387

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ベンサム功利説の研究
著作者等 山田 孝雄
書名ヨミ ベンサム コウリセツ ノ ケンキュウ
出版元 大明堂
刊行年月 1960
版表示 訂正版
ページ数 393p
大きさ 22cm
NCID BN01870218
BN11298533
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60011265
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想