アメリカに「no」と言える国

竹下節子 著

仏在住の比較文化史家が宗教的背景も含め、「欧」と「米英」の違いを解説。アメリカ"グローバリズム"に「NO」と言った唯一の国の政治姿勢を、ユニヴァーサリズムの視点から分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アメリカとフランス-2003年イラク開戦前夜
  • 第2章 善悪二元論とキリスト教
  • 第3章 コミュノタリスムとユニヴァーサリズム
  • 第4章 ユニヴァーサリズムの危機
  • 第5章 犬の「連邦」と猫の「連合」
  • 第6章 大きな物語の創造へ
  • 終章 猫への質問-まとめにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカに「no」と言える国
著作者等 竹下 節子
書名ヨミ アメリカ ニ no ト イエル クニ
書名別名 Amerika ni no to ieru kuni
シリーズ名 文春新書
出版元 文芸春秋
刊行年月 2006.2
ページ数 244p
大きさ 18cm
ISBN 4166604910
NCID BA75546713
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20994556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想