松本清張の陰謀 : 『日本の黒い霧』に仕組まれたもの

佐藤一 著

松本清張の『日本の黒い霧』は一九六〇年の雑誌掲載時から大きな反響を呼びその影響は今日にまで及んでいる。事実、下山事件や朝鮮戦争をめぐる新刊は今日に至るもなお刊行されている。確かに、清張のこの本を読むと、なんとなく米国のそういう陰謀があったのか、と思わされてしまうが、突きつめていくと、まったく違う現実が浮かび上がってくる。松川事件で死刑判決を受けた著者が、松本清張の作り上げた虚構をつぎつぎと引き剥がしていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 『黒い霧』の秘められた出自
  • 第1章 「下山国鉄総裁謀殺論」-神話の世界を走りつづける死体運搬列車
  • 第2章 「推理・松川事件」-恐怖の目撃シーンはいまも沈黙を強いる?
  • 第3章 「革命を売る男・伊藤律」-スパイという殺し文句の威力
  • 第4章 「追放とレッド・パージ」-追放されて損をする者、得をする者
  • 第5章 「謀略朝鮮戦争」-先に攻めこんだ北を後攻めにした人たち
  • 第6章 「白鳥事件」-犯人が消えた先に犯人がいる?
  • 第7章 『日本の黒い霧』が隠蔽したもの-自由と民主主義の四九年・日共武装闘争の五〇年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 松本清張の陰謀 : 『日本の黒い霧』に仕組まれたもの
著作者等 佐藤 一
書名ヨミ マツモト セイチョウ ノ インボウ : ニホン ノ クロイ キリ ニ シクマレタ モノ
書名別名 Matsumoto seicho no inbo
出版元 草思社
刊行年月 2006.2
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 4794214766
NCID BA76455613
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20994920
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想