茶の効能と応用開発

伊勢村護 監修

本書は、抗ガン作用、殺菌作用、抗アレルギー作用、肥満予防作用などの多様な生理活性機能が注目される「茶葉」に関して、茶の種類と化学成分、生理活性、生理機能発現のメカニズム、生活関連製品への応用、茶関連新規商品の開発など、基礎から応用開発までの情報をまとめ、主として企業の研究者、事業者に最新の情報を届ける目的で企画されたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 茶の種類と化学成分(緑茶、烏龍茶、紅茶、黒茶の製法
  • 茶成分の分析法 ほか)
  • 第2章 茶の生理活性(茶カテキンのラジカル消去能の特徴
  • 抗ガン作用 ほか)
  • 第3章 緑茶関連の商品展開(緑茶飲料、緑茶グッズ、サプリメント
  • ハイブリッドカテキン(HC)の機能と応用)
  • 第4章 開発・応用例(茶の遺伝子工学
  • コレステロール生合成阻害剤の開発 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 茶の効能と応用開発
著作者等 伊勢村 護
書名ヨミ チャ ノ コウノウ ト オウヨウ カイハツ
出版元 シーエムシー
刊行年月 2006.1
ページ数 326p
大きさ 27cm
ISBN 4882315483
NCID BA76071666
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20994480
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想