会社のカミ・ホトケ : 経営と宗教の人類学

中牧弘允 著

ビルの屋上に祠をかまえ、物故社員慰霊の法要を営む。日本の会社=社縁共同体はなぜ神仏をまつるのか?入社式や社葬の知られざる意味とは?経営人類学の観点から日本的経営の本質を解き明かす一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 経営人類学と会社
  • 第1章 会社宗教とは何か
  • 第2章 会社神社と社縁共同体
  • 第3章 会社墓と日本的経営
  • 第4章 会社への加入儀礼=入社式
  • 第5章 会社の不滅と再生の儀式=社葬
  • 第6章 会社の神聖化装置=企業博物館
  • 第7章 経営者と宗教
  • エピローグ 宗教からみた経営

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会社のカミ・ホトケ : 経営と宗教の人類学
著作者等 中牧 弘允
書名ヨミ カイシャ ノ カミ ホトケ : ケイエイ ト シュウキョウ ノ ジンルイガク
書名別名 Kaisha no kami hotoke
シリーズ名 講談社選書メチエ 355
出版元 講談社
刊行年月 2006.2
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 4062583550
NCID BA75520083
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20989327
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想