刑法39条 : なぜ精神障害者は許されるのか : 少年犯罪少年法/犯罪捜査プロファイリング

小田晋, 作田明, 西村由貴 著

殺傷行為をおこなう精神障害者にどう対応するか。これは精神医学に突きつけられた最大の課題のひとつである。「刑法39条」は、精神医学が、社会の安全と人々の安心を保障するための技術となるべきであるという視点から論じ、精神鑑定の現状をも理解できるよう努めた。作田明「少年犯罪少年法」は衝撃的な事件の背景を解明するとともに、「心の病」と少年犯罪の関係とその対策を説く。西村由貴「犯罪捜査プロファイリング」は、科学警察研究所の研究官としての経験をもとに、精神医学を犯罪捜査にどう組み込むべきかを論じている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 刑法39条-なぜ精神障害者は許されるのか
  • 少年犯罪 少年法
  • 犯罪捜査 プロファイリング

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 刑法39条 : なぜ精神障害者は許されるのか : 少年犯罪少年法/犯罪捜査プロファイリング
著作者等 作田 明
小田 晋
西村 由貴
書名ヨミ ケイホウ 39ジョウ : ナゼ セイシン ショウガイシャ ワ ユルサレルノカ : ショウネン ハンザイ ショウネンホウ ハンザイ ソウサ プロファイリング
書名別名 Keiho 39jo
シリーズ名 心の病の現在 / 小田晋, 作田明 責任編集 4
出版元 新書館
刊行年月 2006.1
ページ数 180p
大きさ 19cm
ISBN 4403261043
NCID BA75355566
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21043394
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想