いのちの始まりの生命倫理 : 受精卵・クローン胚の作成・利用は認められるか

島薗進 著

医療技術の急速な発達により、人類はいま新たな局面に達している。七年間、国の生命倫理の審議に関わった立場から入り組んだ議論を解きほぐし、問題点を整理する必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 対案・ヒト胚の取扱いに関する基本的考え方(ヒト受精胚
  • 特定胚 ほか)
  • 第2部 何が争点だったのか(人間の胚を利用することの是非-二〇〇二年三月、生命倫理専門調査会の審議の中で
  • 先端生命科学の倫理をどう論じるか-二〇〇三年一二月、中間報告をうけて ほか)
  • 第3部 ヒト胚の研究・利用をめぐる討議の経緯(生命倫理委員会とヒト胚審議の始まり
  • クローン技術規制法の問題点 ほか)
  • 第4部 資料集(「ヒト胚の取扱い」をめぐる審議・関連略年表
  • 生命倫理専門調査会発足当初の配布資料(抄) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いのちの始まりの生命倫理 : 受精卵・クローン胚の作成・利用は認められるか
著作者等 島薗 進
書名ヨミ イノチ ノ ハジマリ ノ セイメイ リンリ : ジュセイラン クローンハイ ノ サクセイ リヨウ ワ ミトメラレルカ
書名別名 Inochi no hajimari no seimei rinri
出版元 春秋社
刊行年月 2006.1
ページ数 326p
大きさ 20cm
ISBN 4393332474
NCID BA75279275
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20983170
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想