弥生実年代と都市論のゆくえ : 池上曽根遺跡

秋山浩三 著

大阪南部、和泉地域に営まれた弥生の巨大環濠集落・池上曽根。集落中央付近から発見された「神殿」を思わせる大形建物から、いま弥生実年代の見直しと弥生「都市」論が議論されている。集落内の構成と遺物を詳細に分析し弥生大規模集落の実像を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 弥生文化の発信地(大阪南部・信太山の地
  • 「弥生実年代」と「弥生都市論」)
  • 第2章 開発と保存のせめぎ合い(南繁則と泉大津高校地歴部
  • 盛りあがる保存運動 ほか)
  • 第3章 目ざめた巨大環濠集落(集落の盛衰
  • 巨大環濠集落の舞台装置 ほか)
  • 第4章 弥生実年代のゆくえ(池上曽根事件
  • 出る幕を違えていた弥生社会 ほか)
  • 第5章 弥生都市論のゆくえ(大形集落と都市論
  • 池上曽根は都市ではない ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弥生実年代と都市論のゆくえ : 池上曽根遺跡
著作者等 秋山 浩三
書名ヨミ ヤヨイ ジツネンダイ ト トシロン ノ ユクエ : イケガミ ソネ イセキ
シリーズ名 シリーズ「遺跡を学ぶ」 23
出版元 新泉社
刊行年月 2006.1
ページ数 93p
大きさ 21cm
ISBN 4787706330
NCID BA75161708
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20979461
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想