航空機事故次は何が起こる : 墜落から爆発まで徹底検証

加藤寛一郎 著

航空機事故が多様化している。その原因は、航空機が輸送手段として確立し、多くの人が航空機にかかわるようになったことにより、リスク要因が増加したからだ。だが、多様化したとはいえ、事故には「流れ」があり、同じタイプの事故は連続して発生する傾向がある。本書では、1950年代以降に起きた主要航空機事故65件を事故の新しい「流れ」として位置づけ徹底検証、現代機の弱点を明らかにし、今後の事故の趨勢に鋭く迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 事故の多様性
  • 第2章 特殊社会の崩壊
  • 第3章 現代機の弱点-与圧と整備
  • 第4章 予測不可能な事故-新型機と風
  • 第5章 肥大化したシステムの矛盾
  • 第6章 人間の操縦する怖さ
  • 第7章 グレーゾーン-怠慢と責任回避
  • 終章 危険を取り繕う偽善

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 航空機事故次は何が起こる : 墜落から爆発まで徹底検証
著作者等 加藤 寛一郎
書名ヨミ コウクウキ ジコ ツギ ワ ナニ ガ オコル : ツイラク カラ バクハツ マデ テッテイ ケンショウ
書名別名 Kokuki jiko tsugi wa nani ga okoru
シリーズ名 講談社+α文庫
出版元 講談社
刊行年月 2006.1
ページ数 344p
大きさ 16cm
ISBN 4062569957
NCID BA77113444
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20974764
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想