『マタイ福音書』によるカンタータ  1

礒山雅 著

[目次]

  • 総論2 カンタータは何人で歌われたか(通説とリフキン説
  • コンチェルティストとリピエニスト ほか)
  • 『マタイ福音書』について(『マタイ』と『マルコ』
  • 『マタイ福音書』の成立 ほか)
  • 1 三位一体後第15主日(当日用の福音書章句
  • 「思い煩い」からの解放 ほか)
  • 2 三位一体後第22主日(悪しき僕の譬
  • 譬の意味 ほか)
  • 3 三位一体後第27主日(十人の乙女の譬
  • 終末の遅延 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『マタイ福音書』によるカンタータ
著作者等 礒山 雅
書名ヨミ マタイ フクインショ ニ ヨル カンタータ
書名別名 Matai fukuinsho ni yoru kantata
シリーズ名 Bach:wandeln durch den Wald der Kantaten 2
バッハ・カンタータの森を歩む 2
巻冊次 1
出版元 東京書籍
刊行年月 2006.1
ページ数 167p
大きさ 22cm
付随資料 CD1枚 (12cm)
ISBN 4487800188
NCID BA75594498
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20972096
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想