神道入門 : 日本人にとって神とは何か

井上順孝 著

毎年、正月には数千万人もの人が初詣に出かけ、その一方で、神道の信者であると答える人は四パーセント。日本人にとって、神とは、神道とは、何なのだろうか?「見える神道」「見えない神道」の二つの側面から考えることで、初めてこの問いに、正面から向き合うことができる。神社、儀式、制度、ネットワーク、神概念、習慣・習俗など、神道の基礎知識をわかりやすく整理する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 神道の二つの顔-「見える神道」・「見えない神道」
  • 第1部 「見える神道」の今と昔(神道を伝える"回路"-神社と教団を中心とする神道
  • 神道を伝えた"人々"
  • 神道に込められた"情報")
  • 第2部 「見えない神道」の広がり(「見えない神道」と伝統的な伝達回路
  • 近現代に登場した回路)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神道入門 : 日本人にとって神とは何か
著作者等 井上 順孝
書名ヨミ シントウ ニュウモン : ニホンジン ニ トッテ カミ トワ ナニカ
書名別名 Shinto nyumon
シリーズ名 平凡社新書
出版元 平凡社
刊行年月 2006.1
ページ数 271p
大きさ 18cm
ISBN 4582853056
NCID BA75111914
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20991407
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想