「カルト」を問い直す : 信教の自由というリスク

櫻井義秀 著

現代人は「心」の領域に救いを求めており、「カルト」の誘惑と隣り合わせだ。テロに遭遇する危険性もゼロではない。本書はオウムや統一協会などを事例に、このリスクへの対応策を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 現代日本の「カルト」問題
  • 2章 オウム裁判に見る「信教の自由」というリスク
  • 3章 宗教をやめない自由vs.やめさせる自由-脱会カウンセリングへの告発
  • 4章 宗教組織がカルト化する時-性的暴行事件より
  • 5章 「カルト」の暴力-オウム真理教の教団戦略とその破綻
  • 6章 「カルト」を拒む論理、受け入れる論理
  • 7章 キャンパス内の「カルト」問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「カルト」を問い直す : 信教の自由というリスク
著作者等 櫻井 義秀
書名ヨミ カルト オ トイナオス : シンキョウ ノ ジユウ ト ユウ リスク
書名別名 Karuto o toinaosu
シリーズ名 中公新書ラクレ
出版元 中央公論新社
刊行年月 2006.1
ページ数 286p
大きさ 18cm
ISBN 4121502019
NCID BA74896243
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20993312
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想