国境なき平和に

最上敏樹 著

国連問題を中心に、平和と人道のために現代世界に関与してきた著者の長年の思索のエッセンスを、一書にまとめる。冷戦構造の解体から湾岸戦争、「民族紛争」、9・11、イラク戦争、国連安保理問題まで、その冷徹な現状分析の背後には、陶酔せぬこころでつねに事態に対処していく精神が息づいている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 夕暮れの風から-普遍的正義のためのノート
  • 良心的兵役拒否国の証しのために(1990.10)-ポスト冷戦の安全保障の礎石を求めて
  • 拮抗する逆ユートピア(1993.8)
  • はしかとポリオと国連改革(1994.2)
  • 受苦の無国籍性の前で(1995.1)-いまひとたび常任理事国入りについて
  • 人道主義的な国連のために(2002.3)
  • 国連平和体制が終焉する前に(2003.2)
  • 造反無理-この、理を尽くさぬ戦争について(2003.4)
  • 「平和の償還」とは何か(1991.2)
  • 問われる存在の過渡性(1991.3)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国境なき平和に
著作者等 最上 敏樹
最上 俊樹
書名ヨミ コッキョウ ナキ ヘイワ ニ
出版元 みすず書房
刊行年月 2006.1
ページ数 327p
大きさ 20cm
ISBN 4622071843
NCID BA75123345
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20969897
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想