特養ホームが変わる、特養ホームを変える

本間郁子 著

特別養護老人ホーム(特養ホーム)は、高齢社会をむかえた今、ますます重要な住まいとなっている。そこでの日々はどのようなものなのか。家族のかかわり方、ターミナル・ケアや認知症のケアのあり方はどうなっているのか。2005年秋以降の介護保険の変更事項とともに、わかりやすく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 特養ホームが変わる(介護保険とは
  • 介護保険制度下の特養ホーム)
  • 2 特養ホームは、いま(入居者の「声」から
  • 家族の「声」から)
  • 3 看取り、そして認知症ケアの場(ターミナル・ケアの実際
  • 特養ホームのターミナル・ケア ほか)
  • 4 特養ホームを変える(介護保険制度見直しへの提言
  • 地域住民と施設と行政の連携を築く)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 特養ホームが変わる、特養ホームを変える
著作者等 本間 郁子
書名ヨミ トクヨウ ホーム ガ カワル トクヨウ ホーム オ カエル
シリーズ名 高齢社会の手引き
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.12
版表示 第2版.
ページ数 194, 14p
大きさ 19cm
ISBN 4000264990
NCID BA75197206
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20964276
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想