三河地震60年目の真実

木股文昭, 林能成, 木村玲欧 著

昭和20年1月、愛知県三河地方をM6.8の直下型地震が襲った。のちの統計では死者2306人。被害の具体的な様子について、一切報道されなかった三河地震をあらためて調査・分析した労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 六〇年を迎えた三河地震(二つの地震
  • 三河地震の記録 ほか)
  • 第2章 地震記録を掘り起こす(震度7がもたらした被害
  • 疎開学童の悲劇 ほか)
  • 第3章 被災記録を掘り起こす(被災体験を集める
  • 被災者が住んでいた地域の特徴 ほか)
  • 第4章 三河地震を生かし未来の地震に備える(地震予知をあてにできるか?
  • 予知できない可能性も高い ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三河地震60年目の真実
著作者等 木村 玲欧
木股 文昭
林 能成
書名ヨミ ミカワ ジシン 60ネンメ ノ シンジツ
出版元 中日新聞社
刊行年月 2005.11
ページ数 218p
大きさ 19cm
ISBN 4806205109
NCID BA74957778
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20954548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想