歴史の夜咄

司馬遼太郎, 林屋辰三郎 著

国民的作家である司馬遼太郎と、地方史・部落史・女性史など新しい視点から数々の研究を発表してきた歴史学者の林屋辰三郎という、ふたりの碩学によるスーパー対談集。高松塚古墳で高句麗の影響を論じ、大化の改新に隋・唐帝国成立の影響を探る…。話は古代から江戸時代までにおよび、平易な語り口で縦横無尽に論じられています。歴史を読む楽しさを感じながら、日本そして日本人について考える上での、さまざまな示唆を与えてくれる贅沢な一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本人はどこから来たか
  • 日本人はいかに形成されたか
  • 古代出雲と東アジア
  • 花開いた古代吉備
  • フロンティアとしての東国
  • 中世瀬戸内の風景
  • 日本人のこころの底流
  • 世界のなかの日本文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史の夜咄
著作者等 司馬 遼太郎
林屋 辰三郎
書名ヨミ レキシ ノ ヨバナシ
シリーズ名 小学館文庫
出版元 小学館
刊行年月 2006.1
ページ数 298p
大きさ 15cm
ISBN 4094080678
NCID BA75675501
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20948239
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想