ダルタニャン物語  第9巻 (ブラジュロンヌ子爵 [第4])

A.デュマ 著 ; 鈴木力衛 訳

[目次]

  • 一 森の女神も泉の女神も予言しなかった出来事 / 7
  • 二 イエズス会の新管区長 / 17
  • 三 雷雨 / 29
  • 四 雨 / 38
  • 五 トビー / 52
  • 六 王弟妃の四つのチャンス / 64
  • 七 福引き / 72
  • 八 えい、くそ! / 82
  • 九 ベーズモーの手紙 / 97
  • 一〇 ポルトスの腕力、いまだ失われず / 103
  • 一一 鼠とチーズ / 123
  • 一二 プランシェの別荘 / 131
  • 一三 プランシェの家から何が見えたか / 138
  • 一四 ダルタニャンのおかげで、ポルトス、トリュヒェン、プランシェの三人は友人として別れを告げる / 144
  • 一五 ポルトスの拝謁 / 150
  • 一六 釈明 / 155
  • 一七 王弟妃とギーシュ / 164
  • 一八 モンタレーとマリコルヌ / 173
  • 一九 ワルドは宮廷でいかに迎えられたか / 183
  • 二〇 決闘 / 196
  • 二一 国王の夜食 / 208
  • 二二 夜食ののち / 214
  • 二三 ダルタニャンは、いかにして王命を遂行したか / 219
  • 二四 待ち伏せ / 226
  • 二五 侍医 / 232
  • 二六 ダルタニャン、自分の誤りとマニカンの道理を認める / 238
  • 二七 二の矢の効用について / 245
  • 二八 フランス王国の記録係、マリコルヌ / 258
  • 二九 旅 / 264
  • 三〇 女三人 / 273
  • 三一 最初のいさかい / 280
  • 三二 絶望 / 291
  • 三三 失踪 / 297
  • 三四 夜の十時半から真夜中まで、国王はいかにしてすごしたか / 305
  • 三五 大使たち / 311
  • 三六 シャイヨ / 320
  • 三七 王弟妃の館 / 331
  • 三八 ラ・ヴァリエール嬢のハンカチ / 340
  • 三九 庭師、梯子および侍女たちについて / 346
  • 四〇 指物細工、および、階段を通り抜ける方法の詳細について / 355
  • 四一 松明をかかげての散策 / 365
  • 四二 幽霊 / 376
  • 四三 肖像 / 387
  • 四四 ハンプトン・コート / 395
  • 四五 王弟妃の使者 / 411
  • 四六 サン・テーニャン、マリコルヌの忠告に従う / 424
  • 四七 二人の旧友 / 430

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ダルタニャン物語
著作者等 Dumas, Alexandre
鈴木 力衛
A.デュマ
書名ヨミ ダルタニャン モノガタリ
巻冊次 第9巻 (ブラジュロンヌ子爵 [第4])
出版元 講談社
刊行年月 1969
ページ数 446p 図版
大きさ 20cm
NCID BN09080081
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75026690
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想